HOME > SENTINEL > RIOBOT NERV 対G専用決戦兵器 紫龍 試作初号機
 

RIOBOT NERV 対G専用決戦兵器 紫龍 試作初号機

vsg_shiryu_web1
vsg_shiryu_web2
vsg_shiryu_web3
vsg_shiryu_web4
vsg_shiryu_web5
vsg_shiryu_web6
vsg_shiryu_web7
vsg_shiryu_web8
vsg_shiryu_web9

発売予定日2017年7月発売予定
価格20,000円(税抜) + 税
販売形態・タイプ塗装済完成品フィギュア
サイズ

全高約180mm

素材

ABS-PVC/PA/POM

付属品

ハンドパーツ(左右)、ハンドパーツ開き手(左右)、Anti KAIJU Battle Blade×2

企画・制作株式会社千値練
原型製作

デザイン:新川洋司

設計:T-REX

フィニッシャー:早川 洋司

JAN4571335880248

「ゴジラ対エヴァンゲリオン」コラボ企画!
新川洋司氏がデザインした、
”NERV 対G専用決戦兵器 紫龍 試作初号機”が登場!

幾度となく首都東京を襲い壊滅させてきた、ゴジラ・・・
使徒と同じく「厄災」ともいうべき存在に対抗すべく
過去、特生自衛隊が開発した「機龍シリーズ」の
技術情報の提供を受けNERVが建造した対G兵器である。

現在、試作段階であり
”NERV 対G専用決戦兵器 紫龍 試作初号機”と呼称している。

武装は高振動粒子であらゆる物質を分子レベルで分離する
プログレッシブナイフと同様の技術をヒレと尻尾に搭載している。

また両腕に「Anti Kaiju Battle Blade」を装備することで
高い近接戦闘能力を有する。

「紫龍 試作初号機」のデザインはコジマプロダクション所属の新川洋司氏が
「ゴジラ×エヴァンゲリオン」の商品用にデザインし、ゴジラ対エヴァの
世界を見事融合させています。

設計は新川氏の設定画稿を元にフル可動アクションフィギュアとして、T-REXが担当。

全身ABSで、可動部はナイロン系パーツで構成され、広い可動域で
怪獣のような猫背状態・エヴァのような直立状態にもなります。

また尻尾は各部がボールジョイントで可動。
ベースカラーはチタン風に塗装されており、重厚感あふれる仕上がりになっています。

TM&©TOHO CO., LTD. ©カラー



ユニクリ広報室
原型師募集
OEM
Copyright© ‘2017’ UNION CREATIVE All Rights Reserved.