TwinBox氏の看板娘『前田栞ちゃん』が立体化!

BLOGブログ

  1.  >
  2.  >
  3. 独自世界を創出する3DCGモデラーDeino氏の初音ミクコラボキャラ「骸音シーエ」の禁断の人型版「シーエ・カルラ」再登場!!

2020年6月30日

独自世界を創出する3DCGモデラーDeino氏の初音ミクコラボキャラ「骸音シーエ」の禁断の人型版「シーエ・カルラ」再登場!!

カテゴリ:
商品紹介
独自世界を創出する3DCGモデラーDeino氏の初音ミクコラボキャラ「骸音シーエ」の禁断の人型版「シーエ・カルラ」再登場!!
2019年3月骸音シーエ/シーエは10周年。
キャラクターとしての強さがこの快挙をもたらしたと思います。
ちなみに「初音ミク」は今年で13年目を迎えました。

その初音ミクの8年目になるイベント『初音ミク「マジカルミライ 2020」』
東京幕張メッセにて12月開催予定です。
「初音ミク」らバーチャル・シンガーによる3DCGライブと、
その創作文化を体感できる企画展を併催。

この開催に合わせて今回「シーエ・カルラ」を発売予定です。

この機会にDeino氏、シーエ、骸音シーエ、シーエ・カルラについて
再度お勉強をしておきましょう!!

Deinoさんは
武蔵野美術大学彫刻学科卒業後、ゲーム開発会社に所属、
その後独立、現在3DCGモデラーとして活躍中。
制作した動画「細菌汚染」がyoutube上で850万再生を記録しており、
その動画内に登場するオリジナルキャラクターが「シーエ」。
骨を模した体に皮膚をかぶせて人に擬態する、機械型のキャラクター。
パーツの付け替えが可能で特に決まった姿が無いため、
共通のキャラだと認識させるために頭部にフナムシをつけています。
代表的な姿は「半肉版」「骨版(本体)」「人型版」の3種。
シーエは役者として各作品に出演しているという体になっており、
その作品ごとに設定やキャラを変える事が可能。
様々なメディア、小説、ゲーム、コミック等に派生、形を変えながら登場しています。
例えば小説「囚人と紙飛行機」では絶対悪と呼ばれる医者として出演しています。

そしてシーエの「初音ミク」コスプレが「骸音シーエ」。

初音ミクの二次的著作物で通称クリプトン公認VOCALOID亜種。
クリプトン社に当初公認されたのは以前フィギュア化されたこの「半肉版」
(machine muzikのPVの姿)と「骨版」(骸Attack!!の姿)の2種類。
今回のフィギュアの元ネタである、小説「囚人と紙飛行機」に登場した「人型版」のシーエ・カルラも
”骸音シーエが元となったキャラクター”として認定されています。

動画なども含め詳しくはシーエ公式サイトへ。

また、昨年よりシーエは広報活動を主軸としたVtuberをはじめました。
シーエについて最新の情報が知りたい場合はコチラをチェックお願いします。

さらに現在comicoにてDeinoさん執筆のシーエSF小説「脳仕掛けの楽園」が連載中。
「囚人と紙飛行機」「細菌汚染」とも違うシーエが主人公の新小説。
シーエとはどんなキャラなのか知りたい方、入門編に良い小説なので是非ご一読頂ければ幸いです。

最初の発売時の2016年にDeino様からコメントを頂いておりますので再度ご紹介♪ヽ(´▽`)/

「小説「囚人と紙飛行機」より絶対悪の医者ことシーエ・カルラさんがフィギュア化しました!
人型の骸音シーエです。こちらは初音ミクの開発会社、クリプトンさんに無理を言って
何とかノーパンにして頂けました。ノーパン部分に苦戦と拘りがあります。」

2020年12月発売予定で現在予約受付中!!

商品ページはこちら。

※画像の無断転載は禁止とさせていただきます。

©Deino/Crypton Future Media,INC.www.piapro.net
SNSでシェアする: